労災取り扱う予定です。

 ふじた整形外科、開院準備にあたっている事務局の高木です。
 先日、発疹ができて皮膚科を受診したら入口に「当院は労災は取り扱っておりません」と表記されていました。

 労災を取り扱っていないということは、労働局に対し「労災保険指定医療機関指定申請」を行っていない、ということです。
 ですので、労災保険を使った治療を受けることはできません。労災の場合、原則窓口負担はないのですが、労災保険が使えない医療機関で労災に起因する治療をする場合、一旦全額自費負担して、労基署経由で還付してもらう流れとなります。

 自賠責にしても労災にしても、書類の量が多いため、敬遠する医療機関が多いのも事実です。

 当法人では、そういった患者様への治療にも注力し、書類の内容についても細やかに対応しております。ここ千里山で開業するふじた整形外科でも、労災・自賠責などの通常保険とは異なった診察・治療も積極的におこなってまいります。

 開院まであと一ヶ月ちょっと。物件の引き渡しが2月末なのでまだ手配関係のみの段取りに追われていますが、これからペースをあげて開院に向けて準備してまいります。