午後7時ぎりぎりでもスタッフ一同笑顔でお待ちしております!

健康セミナーを開催いたします。

千里山・ふじた整形外科では健康セミナーを開催いたします。

千里山のふじた整形外科では、5月11日土曜日、25日土曜日の二回にわたり、健康セミナーを開催いたします。
セミナーのテーマは『骨粗鬆症とその治療』と『リハビリテーションの意義』を取り上げます。
近年、高齢化により骨粗鬆症の患者様が増加し、骨折とそれに伴う入院、施設への入所が激増しております。その予防としてできる限り早く治療に介入し、寝たきりになる方法を減らしていくいく必要があります。
また、日本は長寿国ではありますが、健康寿命はそれほど長くないと言われています。健康寿命を伸ばすためには、脚腰を鍛え、いつまでも自分の脚で歩く必要があります。その助けになるのがリハビリテーションです。

セミナーは両日とも14時から1時間程度で行います。申込不要、参加費も不要ですので、是非ご参加くださいませ。

藤田昌彦(ふじたまさひこ)「心も身体も元気になって頂ける医療」を目指して
当院ホームページをご覧頂きありがとうございます。院長の藤田昌彦です。
私は、関西大学第一高等学校を卒業し、平成3年春、近畿大学医学部附属病院、整形外科医局に入局して研修医生活を始めました。研修終了後は、近畿大学医学部大学院へ進学し、博士号を取得しました。
基礎研究を終えた後、近畿大学医学部附属病院、整形外科学教室の助手として大学病院で勤務し、その後、大阪赤十字病院、PL病院で、4年間、股関節、膝関節の人工関節手術、頚椎手術、腰椎手術をはじめ、整形外科全般の手術に携わり、スポーツ医学も学びました。大病院での医療を学んだ後、老人保健施設で6年間管理医師をして、高齢者医療を学びました。
次に、北海道の医師不足の病院で4年間勤務して、僻地医療も経験しました。その後、大阪にもどり、クリニックで勤務した後、ふじた整形外科を開院いたしました。これまでの約30年に渡る多くの経験を生かして、ご来院していただいた患者様方のお役に立てるように、精一杯、努めてまいります。

吹田・千里山『ふじた整形外科』
当院は、阪急千里線の千里山近くにございます。街の整形外科・リハビリテーション科としてお怪我などによる痛みや痺れの治療を行う他、交通事故や労災でお怪我をなされた皆様の診断・治療やリハビリテーションに注力した医療サービスを展開しています。
午前の診療時間は午前9時00分から12時30分、午後の診察は午後4時から7時までとなっています。水曜日午後と土曜日午後及び日曜祝日は休診です。
午前の診療時間は午前9時00分から12時30分、午後の診察は午後4時から7時までとなっています。水曜日午後と土曜日午後及び日曜祝日は休診です。

地図


千里山駅東口を北に徒歩3分、2019年2月に新しくできた『千里山メディカルモール』の3階にございます。モールの駐車場10台をお使い頂けます。

整形外科

  • 怪我をして手足や関節を痛めてしまった。
  • だいぶ歳をとって、足腰が痛むようになってきた。
  • 何も怪我をしていないけれど、痛みやしびれを感じる。

当院は、街の整形外科として、このような症状の診断・治療を行っております。打ち身、打撲、捻挫など、筋肉や骨に関する専門医として身近な地域医療に活かし、近隣の病院や医療機関とも連携しながら一貫した医療サービスをご提供できるよう努めております。

リハビリテーション科

  • ケガをした後の痛みがなかなか取れない。
  • 高齢になり、膝などの関節が痛むようになってきた。

整形外科におけるリハビリは、損傷した部位の回復が主な目的となります。しかし、当院では、損傷部位だけに注目するのではなく、お身体全体のことを考え、お怪我をなされた前よりも良い状態で治療を終えることができよう心を配って治療しています。また、当院には柔道整復師が在籍しており、安心して受診頂けるよう、医師によるリハビリメニューを、その医師の指導のもとでマッサージを行っています。

ペインクリニック外科

ペインクリニックとは、痛みについて専門的に治療を行う外来です。痛みと一言で言ってもその原因は様々です。怪我による患部の痛み、病気の症状としての痛み、精神面に原因を求め得る心因性の痛みなどが考えられるでしょう。ペインクリニックでは、怪我や病気だけを診断し、それを治療するというスタンスではなく、患者様としっかり向き合い、痛みの原因や痛みが続く原因を一緒に考えていくことになります。
また、治療においても専門的な知識が求められており、ブロック注射や薬物療法などの治療手法を、痛みとお身体の状態に応じて適切に処置を行います。

外科

当院の外科では、外傷の処置・手当を行います。擦り傷の手当、打撲による内出血の処置や傷の縫合などは外科での診察となります。成人だけでなく、お子様が転んでしまった時の「すりむき」なども外科で診察できます。

交通事故の治療とリハビリ

  • 交通事故の治療で千里山駅近くの整形外科に通院したい。
  • 整骨院ではなく整形外科でリハビリを受けたい。
  • こちらが希望する検査についても耳を傾けて欲しい。
  • 後遺障害診断書はしっかり書いてもらえますか?

不慮の交通事故でお怪我をなさった患者様に対しては、診察からリハビリ、症状固定時期までを見越しながら治療にあたるよう努めております。

また、リハビリについては、理学療法士と運動器リハビリテーションセラピストの資格を持った柔道整復師が担当し、整形外科レベルでの治療・リハビリを行っております。

さらに、患者様から後遺障害等級認定その他の事情で検査が必要である旨のご依頼があった場合、「診断」という視点に加え、患者様のご事情を考えた上で、ご依頼にそって検査を行う様配慮しております。
最後に、患者様にとって重要な後遺障害診断書についても、しっかりと診断を行った上で、患者様の自覚症状や検査結果の所見など、記載欄は空欄にすることなくしっかりと記入するよう配慮しております。

スポーツ障害の治療

  • 千里山近くでスポーツ障害に強い医師の診察を受けたい。
  • 部活動をしている子どもの様子がおかしいので診てほしい。

当院では、スポーツ特有の痛みや障害についての診療にも注力しています。中学・高校生のアスリートはレギュラー争いも激しく、痛みを隠して練習を続けるケースが少なくありません。また、指導者の無理解によって身体の変調の訴えが無視され、症状が悪化していくこともあります。
単に治療に専念するだけではなく、競技者としてのご意向にしっかりと耳を傾け、スポーツ活動の継続と治療の両立を試みるなど、患者様に寄り添った診療を心がけています。