院長ご紹介

医師

  • 藤田昌彦(ふじたまさひこ)
  • 兵庫県尼崎市出身
  • 近畿大学医学部卒
  • 近畿大学医学部大学院卒
  • 日本整形外科学会専門医
  • 産業医

はじめまして、医師の藤田です。院内でお見かけ頂いたらお気軽にお声がけください。
私は、医学部卒業後、大学院を経て出身大学の整形外科に勤め、その後北海道で経験を積んで当院で執務することになりました。

大学院時代は膝関節に関する研究を行っており、膝に対する治療・スポーツ整形については数多くの診療実績を積み上げてきました。
また、北海道時代は、診療からリハビリまですべてを細かくケアしなければならない環境で、急性期から回復期まで、どの時期であっても臨機に対応できる柔軟性を培うことができました。

今までのキャリアで積み上げてきた経験、専門性を地域に根ざした医療活動を行っている当院で最大限活かした診療活動を行っていきたいと意を新たにしております。
どうぞよろしくお願いいたします。

医師になるまでとその後

私は、物心ついた頃からかかりつけのお医者さんに漠然とした憧れがあり、小さい頃の「将来の夢」には「お医者さん」と書いていました。
より具体的な目標として意識しだしたのは高校生になってからで、2年生の途中で空手部を退部し、医学部への道を進みました。

その中でも整形外科は比較的新しい領域であり、今後の発展の可能性を感じたため専門的に学ぼうと考え、大学院にあがることにしました。
大学院では、元から興味があった膝関節について専門的に研究しました。膝は身体の関節の中でも最も酷使される部分であり、老若男女問わず膝を痛めることが少なくありません。大学院時代からの経験、卒業後の臨床を通じ、膝関節については多くの経験を積むことができました。

卒業後は大阪府内の病院に勤務していましたが、町のクリニック、中規模病院、大病院といった棲み分けができている都会ではなく、一人の医師が多くの役割をこなす必要がある地域で経験を積みたいと考えるようになり、北海道の病院で4年間執務しました。
北海道は一次産業に従事する方も多く、都会のように計画的に治療ができる訳ではありません。この北海道時代には、診療・リハビリに対し、限られた状況で臨機に対応していく術を培っていきました。

そして、関西が恋しくなってきたこともあり北海道を離れ、当院に入職しました。

地域に根ざした医療について

私は、病院勤務が長く、町のクリニックで診察するのは初めての経験です。
病院時代に培った高度な経験を活かしつつ、北海道時代の経験も活かし、リハビリまでしっかりと患者様に寄り添った治療をしていきたいと考えております。

運動器系が悪くなると外に出づらくなり、それで気が滅入ってしまうという悪循環に陥りかねません。
来やすい雰囲気、気易い雰囲気を作り、積極的にコミュニケーションをとることで、元気になって帰っていただけるような診療を目指します。

また、私はスポーツ整形も専門にしています。中学・高校年代のお子さんは、クラブを休むとレギュラー争いに影響がある
ことなどから、痛みを感じながら運動を続けられるケースが少なくありません。骨折・捻挫・打撲など明らかな外傷だけでなく、成長過程で自然に痛みが出ることもあります。もし痛みや違和感があれば気軽な気持ちで当院へいらしてください。もしかしたら驚くほど身体がラクになるかもしれません。

動き盛りのお子さんから高齢者の皆様まで、お一人おひとりに寄り添った柔らかい診療で皆様に寄り添っていきたいと考えております。どうぞよろしくお願いいたします。